黒糖の日

今日は5(こく)月10(とう)日で「黒糖の日」

先月の第3日曜日は「さとうきびの日」でしたが

そのさとうきびから黒糖は作られます。

 

 

 

沖縄黒砂糖協同組合サイトによると

1.黒糖とは、沖縄県、鹿児島県の離島で主に生産される含みつ糖の代表的なもので、
さとうきびの搾り汁をそのまま煮沸濃縮し、加工しないで冷却して製造したものをいう。

2.沖縄黒糖とは、組合に所属する4企業1団体の製糖工場(8つの離島工場)で
生産される含みつ糖の代表的なもので、さとうきびの搾り汁をそのまま煮沸濃縮し、
加工しないで冷却して製造したものをいう。

3.成分として、糖分の他にカリウム、カルシウム、鉄等多くのミネラル成分を含み、特有の香味がある。

 

黒糖は生産地区によって味が違います。
でも、口にするとなんとなくホッとするのは同じです。

ちゃんぷるぅ整体では施術後に
ゴーヤ茶・黒糖生姜湯と一緒に黒糖をお出しします。

施術後は身体の緊張がゆるんで酸素が駆け巡り始めます。
その時に糖分があると、効率的に筋肉が機能するのです。

より早く疲労回復するためにも黒糖を上手に取り入れましょう♪

 

お気軽にフォローしてほし~さ~